生理中の全身脱毛はできるだけ避けましょう

全身脱毛は、女性なら経験した人も多いのではないでしょうか。毎日カミソリや毛抜きで処理する煩わしさから解放してくれるので、全身脱毛はとても人気です。
しかし、生理中の時でも何も考えずに施術を受けていませんか?
サロンスタッフから前もって、生理中の施術はできませんと説明を受けていても、その理由まではきちんと把握していない人も多いでしょう。また、サロンに予約が入っている日に生理が重なると、つい予約変更するのが面倒でそのまま施術を受けてしまいがちです。
生理中はホルモンバランスが崩れやすくなるので、肌がとてもデリケートな状態になります。普段は何も問題なく受けていた全身脱毛のフラッシュも、生理中に受けると痒みや痛み、肌が赤くなるなどのトラブルが発生するおそれがあります。
経血が出ているのでデリケートゾーンの脱毛は当然難しく、ナプキンをしていても万が一経血が漏れたらシーツや施術台を汚してしまいます。
毎月正しい周期で生理がくる人は、予約を入れる段階で生理と重ならないように配慮することができます。しかし生理不順の人は、やむをえず当日にキャンセルしなくてはいけない場合も出てくるでしょう。その場合キャンセル料が必要なサロンもあるので、契約内容をきちんと確認しておきましょう。